フコイダンの高分子、低分子って何?

フコイダンとネットで検索すると低分子と高分子というキーワードが見つかるでしょう。
すべてのことに言われますが、分子量が大きい場合には体に吸収されにくくなるうえ、摂取してもうまく吸収にされずに排出されてしまうことがあります。
分子量が大きいとフコイダンをどれだけ取ったとしても体に吸収されないと意味はありませんよね。
そこで吸収力を高めるために酸素でフコイダンの分子量を小さくした、低分子フコイダンが誕生しました。

低分子フコイダンで体に吸収力は高められるのですが、あまりにも分子が小さくなってしまうとフコイダンの本来の力を発揮できなくなってしまうこともあります。
あまりにも小さくしすぎると硫酸基の結合も破壊されてしまうため、吸収率を高めつつ、またフコイダンの効果を落とさない程度の分子の大きさである必要があります。
しかし科学的にはどの程度の分子量がいいのか結論は出ていないようです。

高分子フコイダンは分子が大きいのですが、体に吸収されにくいと懸念されがちですが、実は最近では高分子であっても一部は体に吸収されるということが研究でわかりました。
そこで専門家の中ではフコイダンほんらいの作用が期待できる高分子のほうが効果があるという声もあります。

低分子も高分子もどちらにもメリットやデメリットもあるので、特徴や効果をよくりかいして自分にあったものを選んでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする